2022年│LINEMO 解説とキャンペーン情報│ラインモ

ラインモ格安SIM回線

「LINEMO│ラインモ」に加入する上でのメリット・デメリットを解説します。
お得に加入できるキャンペーン等の情報、セール情報も紹介します。

LINEMO│ラインモのメリット

1.選べる2つのプラン!

LINEMO│ラインモには月額1,000円(税込)以下で使える「ミニプラン」と、データ通信容量が月に20GBまで使える「スマホプラン」があります。

LINEMO│ラインモの料金プラン
LINEMOの料金プラン

月々の料金は?

ミニプランが月額990円(税込)、スマホプランが月額2,728円(税込)です。

データ通信容量は?

ミニプランが月3GBまで、スマホプランが月20GBまでとなってます。
使い切った場合はミニプランで最大300Kbps、スマホプランで最大1Mbpsでの接続となります。

通話料金は?

通話料金は30秒毎に22円です。
オプションで5分以内の通話料金が無料となる通話準定額550円(税込)、かけ放題で使える通話定額1,650円(税込)も選択できます。

初期費用は?

LINEMO│ラインモは、契約時に掛かる事務手数料は無料となってます。

解約違約金・MNP転出料金は?

これも無料です。
解約時に掛かる違約金、他社へMNPする際の料金は一切発生しません。

2.LINEが使い放題│LINEギガフリー!

LINEMO│ラインモなら、LINEアプリのトークと音声通話・ビデオ電話のデータ通信容量がゼロ
通話をアプリで常用すれば月額1,000円以下での運用も可能ですね。

LINEギガフリー
LINEギガフリー

3.ソフトバンクのキャリア回線が利用できる!

ソフトバンクと同等なキャリア品質の通信回線が提供されます!
格安SIM回線の部類ですが、親会社であるソフトバンクの広範囲な通信エリアが利用できます。

4.高速5G回線にも対応!

LINEMO│ラインモは、ソフトバンクの5G提供エリア内なら高速通信を追加料金無しで利用できます。

高速5G回線対応
高速5G回線対応!

5.キャリアメールが引き継げる!

ソフトバンク・ワイモバイル(Y!mobile)ユーザーがLINEMO│ラインモに乗り換えする場合、キャリアメールをそのまま引き継いで使用できます。
※「メールアドレス持ち運び」サービスを利用。

6.eSIMが使える!

LINEMO│ラインモはSIMカード(nanoSIM)とeSIMから選択ができます。
お持ちのスマホ端末がeSIMに対応していれば、SIMカードを選択するより早く開通ができます。

ミニプランスマホプラン
データ通信容量3GB20GB
月額料金990円(税込)2,728円(税込)
LINEギガフリー対応対応
データ通信容量超過後
の通信速度
300Kbps1Mbps
eSIM対応対応
契約後のプラン変更可能可能
LINEMO│ラインモのプラン表

LINEMO│ラインモのデメリット

1.サポート・申し込みはオンラインがメイン

LINEMO│ラインモは格安SIM回線なので仕方のないのですが、申し込みを含めたすべての手続きやサポート関連は、WebLINEを利用したオンライン上のやり取りのみとなってます。

2.データ通信容量が繰り越せない

その月に余ったデータ通信容量を繰り越すことができません
自分の利用状況を把握して利用しないと、月末に数GB以上余ってしまい、勿体ない状況が発生してしまいます。

3.端末の販売がない

残念ながらiPhone・Android等のスマホを販売してないので、LINEMO│ラインモとスマホとセットでの購入はできません。

4.留守番電話サービスが使えない

留守番電話のサービス、転送電話のサービスが使用できません。

黒猫
黒猫

以上、格安SIM回線「LINEMO│ラインモ」は、総合的に見てもメリットが上回ると思います。
ぜひ乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました